調理器具

免許取得の近道

コック

就職サポートも充実

食に関わる仕事に就くには、調理師免許を持っていると有利になります。調理師免許は、調理師試験を受けて取得する方法と、専門学校に通って取得する方法があります。調理師専門学校に通う最大のメリットは、試験を受けずに資格を取得できることでしょう。専門学校のカリキュラムを終了し、卒業すると資格が得られるのです。自力で試験を受ける場合は、2年以上の実務をこなした後、国家試験を受ける必要があります。国家試験も、必ず合格するとは限らないので、専門学校のように、卒業すれば資格が得られるというのは、かなりのメリットといえます。調理師専門学校は、1年でカリキュラムが終了するので、調理師免許を出来るだけ早く取得したい人にとって、最短で得られる方法でもあります。また、実習やシュミレーションなどで調理方法を学べるほか、栄養学や調理理論の様に、料理に関する専門的な知識も身につけることができるので、基礎から応用まで幅広いスキルが習得できます。全く料理の経験がない人でも、プロの講師による適切な指導で、短期間で実践力のある調理師の卵に変身できます。バイトやお店に努めると、その店がサービスしている料理しか身につけられませんが、専門学校では、和、洋、中など、バラエティに富んだ料理に触れることができるのもメリットです。そして、専門学校には就職サポートもあるので、調理師の免許を取得した後は、希望に叶ったお店で働ける可能性も高まります。